離婚を弁護士に相談

結婚すれば離婚しようとする人たちがいます。なぜ、幸せ感に満たされて結婚したというのに、そのような逆ベクトルが働いてしまうのでしょうか。何か本当に理不尽という感じはありますが、敢えて言えば、日常茶飯事のこととも言うことが出来ます。そのようなとき、弁護士に相談するという人たちもいますが、そのような法律のプロフェッショナルと、そのような問題とどう向きあうのでしょうか。いろいろみなさんの家庭で抱えている悩みは存在しているでしょう。そのような時、カウンセラーに相談するという方法もあります。

自分自身では解決出来ないものをしっかり第三者で親身になってアドバイスをしてくれます。カウンセラーに相談する場合では、カウンセラーが第三者的立場で、修復的アドバイスをしてくれるかもしれません。 しかしそれは、それほど法律上のアドバイスではないかもしれません。法律に詳しいプロフェッショナルと言えば他にいるはずです。

原因に不倫問題を抱えている場合もあり探偵、調査会社にお願いしようというモチベーションの人たちもいるかもしれません。 聞き込みや調査により、目的に応じた証拠の収集を依頼することが出来ます。配偶者が不倫している証拠が欲しいなどといったような場合には、探偵、調査会社も方法のひとつです。

家庭裁判所の家事相談室というケースもあるでしょう。家庭裁判所の調査官や書記官に対し、調停や訴訟の手続に関することを中心に、短時間の無料相談することが出来ます。しかしここでは、あくまで手続の種類やそれぞれの概要に関する説明のみです。